13年お付き合いしたドコモと別れ、Y!mobileに変えた話②

前回の投稿はこちら。


そんなこんなでやっと取れた、MNPの番号。
いざ、キャリア変更に出向く。

スポンサーリンク

候補は楽天モバイルとY!mobile

実は最初は、楽天モバイルにしたかったんですね。
楽天のサービスを頻繁に利用しているのでポイントがどんどん貯まります。
それをIT機器等の購入や旅行の足しにしているのです。
楽天ポイントのいいところはここでは割愛して、楽天カードを持っていると、それで割引になったりと、特典もあるので楽天モバイルにしようとしたのです。

あと、候補になってたのが、Y!mobile(以下、ワイモバ)。

ソフトバンクの子会社ゆえ、ソフトバンクの通信網がそのまま使え、サービスもほぼ同じです。(パケットのホーダイは使えないけど)
気になる速度も、格安SIM各社が極端に遅くなる時間帯(たとえば18〜19時頃)も、ワイモバは高速を維持していることがとてもいいと感じました。
ただ個人的には、ソフトバンクという会社自体が好きではなかったという・・・

ちなみに携帯会社を航空会社に例えてみました。

ANA、JAL=ドコモ、au、ソフトバンク
AIR DO、ソラシド、スカイマーク=ワイモバ、UQ
ピーチ、バニラ、春秋、ジェットスター=OCNモバイルONE、楽天モバイル、mineo、LINE他
っていうところでしょうか。

話を聞いて契約へ・・・

楽天もドコモもワイモバも、すべての会社の窓口がある「ららぽーと富士見」に行ってきました。


まずはワイモバで話を聞くことに。

対応してくれたスタッフ(男子)がモバイルまわりがすごく詳しくて。
自社他社問わずメリットデメリットをちゃんと説明してくれた。
是が非でも自社キャリアを選んでもらいたいが為に、自社のメリットばかり話したり、他社のデメリットばかり話すような説明ではなかったのがすごくよかった。

通信速度は重要!ワイモバに決定!

どのキャリアも、正直100%満足はないでしょう。

しかし、楽天は格安SIM各社の中でも混雑時間帯以外でも、全時間帯において通信速度が遅いこと、大手キャリア入りしてからの先行きが読めなさすぎて不安であることで、楽天への変更は排除しました。ポイントよりもやはり通信速度のほうが重要でした・・・

そして、ワイモバはソフトバンクの電波を利用でき、しかも大手キャリアより安価で済む。
昨年あったソフトバンクの通信障害があったような、ああいうことが起こりかねないこともあるので、OCNモバイルONEは最低限の契約だけ残しつつ、ワイモバと契約することにしました。

まとめ

ワイモバに変えて1ヶ月弱。
その間、北海道や能登の田舎にも行きましたが、通信状況は思ってた以上に快適です。
電波が届きにくい地域はあったものの、届かない地域はほとんどなかったです。
今後、5Gのサービスが始まったり、総務省の指導による料金の変化などがあるかもしれませんが、そのときまた考えるとして、今回のMNPによるキャリアチェンジは大成功とします!

タイトルとURLをコピーしました