24時間フィットネスで週末早朝の有効活用!

広告

また更新が数日あいてしまった。
言い訳すればたくさん出てくるが、理由はどうあれ、自分自身情けない。
更新できないときのために、あらかじめ書き貯めしておく方法もあるが、日課にするためにもそれはよくないと聞く。確かに記事にリアルタイム感がなくなる。
なので、基本は毎日更新にこだわって書いていこうと思う。

ワークアウトの時間だけは死守

さて、そんな中でもワークアウトは順調。
その時間は死守している状況なのだが、週4ペースで行っている。なかなかいいあんばいだ。って言ってもそれでもジム滞在時間が3~40分だったりもする。
時間をうまくとって、その短時間の中で基本的な部位に絞ってワークアウトするかが大事になってくるんじゃないかと思う。

「Fastgym24」はティップネス会員ならオプションつけなきゃ損よ!

今日も朝5時45分に起きて(本当は5時に起きるつもりだったけど、しっかり二度寝してた)東上線みずほ台駅の駅ビルにオープンした24時間ジム「Fastgym24」でワークアウト。
ここはティップネス会員なら、月会費に500円プラスすれば、首都圏のFastgym24が使い放題なのだ。
24時間フィットネスはスタッフが日中時間帯しかおらず、いない時間はALSOKとかの警備会社のセキュリティが見守っている。
一般的なフィットネスクラブのマシンはほぼそろっており、ストレッチスペースや休憩スペース、自販機もあるが、男女別の着替えボックスやシャワーは2~3台とトイレがあって、鍵がかかるロッカーは男女共用。
よって、会費も一般的なフィットネスクラブの7割程度。ジム以外は簡素だが、それでも十分なしつらえだ。

24時間フィットネスを活用して充実のワークアウト

週末の早朝は全然お客がおらず、6時半頃着いたけど、お客は自分だけ。7時過ぎには男女併せて5名ほどがワークアウトにいそしんでいた。
また、24時間フィットネスのいいところは、近所にジョギングに行く感覚で行けること。
川越市内にあるわけではないので電車で行くことにはなるけど、それでも普通電車で12~15分。これくらいは近所同然なのだ。

自宅から行って帰ってくるのに1時間半あれば基本的なワークアウトをしてこれる。
往復の電車内だったり、有酸素マシンでワークアウトをしながら、読書やプランニングもできる。行って帰ってくる間に洗濯機を回しておける。
日頃忙しい(貧乏暇なし)ので、こういう早朝の時間をしっかり使わないと、ワークアウトするのも難しいのだ。

いまの自分にとっては、週末のいい朝の過ごし方だと思っている。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする